ギャンブル依存症の末路

パチンコ借金

いつまでも止めることのできないギャンブル依存症は、どうやったら止めることができるのかという答えは出すことができないまま親はずっと消費者金融からお金を借り続けていた。

いつしか親は病気になり帰らぬ人となってしまい借金だけが残った。でも、加入していた生命保険金が入り借りていた分は返済することができ、その後一般的な生活を私たちはすることができた。

子供の頃にした体験談を兄弟同士で話すことはあるが、親の後ろ姿を見ていたから消費者金融からお金を借りる生活はしないと決めていた。

しかし、状況は違えど生活費に困る事態が発生しだした。結婚し家庭を持った自分を含め家族が入院手術を繰り返し行う状況が数年続いてしまい、生活する為の資金が底をついてしまった。

生活費を消費者金融で借りる

 

消費者金融でお金を借りる

どんなにお金を借りない生活をしたいと思っていても、消費者金融に頼ってしまう自分がいることに気がついた。

お金を借りることに抵抗はあったが、借りることによって楽になる人生もあるという体験談もあるのだ。

パチンコやギャンブルでの借金は自転車操業に陥りがちな傾向が強いので気をつけておきたいところだが、消費税の引き上げもあり、生活への支出は増える一方なのでキャッシングなどを利用するにしても

貸金業協会に加盟している銀行飲みの利用をするようにして、運営暦も信用の一つなので指標尾の一つとして利用選択してみたいところなので、ひとつ検討材料として覚えておいて欲しい。